HISTORY

富士ゼロックスの成り立ちや歴史についてご紹介します。

IDENTITY

わたしたちの
存在意義

複写技術を核に、時代を超えたソリューション&サービスでオフィスに革命を

授業で使う資料のコピーやレポートのプリントアウト、みなさんも毎日の生活の中で複合機を利用することも多いはず。機器のプリントボタンをピッと押せば、あっという間にでてくる書類。この便利な技術はいつ頃からあったのでしょうか?日常生活だけでなく、ビジネスシーンで欠かすことのできない、この“ドキュメントサービス”はどこまで進化するのでしょう?複写技術の誕生からIT化、そして未来の姿まで、富士ゼロックスの歴史と果たしてきた役割についてご紹介しましょう。

PPC複写機誕生1959-1979

  • 1959年昭和34年

    世界初の普通紙複写機が
    アメリカで発売

    米国のハロイド・ゼロックス社(現・米国ゼロックス・コーポレーション)が、世界初の普通紙複写機「Xerox 914」を発売。これは、後にゼログラフィーと呼ばれる電子写真技術を用いたPPC(Plain Paper Copier)複写機。当時は、感光紙などの特殊紙に化学反応を利用して複写するジアゾ式が主流だったため、普通紙に複写できるこの画期的な商品は人気を博し、米国・TIME誌が「Xeroxは万人を出版者にした」と評したほど画期的な技術で、瞬く間に市場を席巻しました。
  • 1962年昭和37年

    富士ゼロックス誕生

    富士写真フイルム(現・富士フイルムホールディングス)と英国のランク・ゼロックス(現ゼロックス・リミテッド)社との折半出資により、富士ゼロックスが誕生。
    コピーがまだ一般的でない時代、「Fuji Xerox 914」は、普通の紙に誰でも手軽にコピーが取れる革新的な商品として注目を集めました。
  • 1960年代後半昭和40年前後

    レンタル方式で爆発的に一大市場を構築

    富士ゼロックスのビジネスモデルは、コピー機そのものを販売するのではなく、「コピーする」というサービスを提供するという、当時としては画期的な機器レンタル方式を採用しました。メンテナンスや消耗品供給によって、常にお客様を支援するという時代を先取りしたビジネスモデルによって爆発的シェアを獲得しました。
  • 1970年代前半昭和45年頃

    革新的技術を次々と

    米国のXerox PARC(Xerox Palo Alto Research Center)という研究所では自由闊達な環境から、現在のコンピューター環境の原点ともいえる、ウインドウシステムやビットマップディスプレイ、アイコンの開発、マウスの実装など、数々の革新的なコンピューター環境が生まれました。ここで開発された「Alto WorkStation」は「使いやすさ」をはじめとするUI(User Interface)の8つの原則を謳ったPCの原型となるもの。こうした、人間と情報の快適な関係(環境)をつくり出すというビジョンは、現在も私たちに受け継がれています。
  • 1972年昭和47年頃

    通信の自由化を受け、ファクシミリを発売

    1972年、国内電話回線のデータ通信利用が開放(回線開放)。これ以降、電話回線がデータ通信やFAX通信に広く利用できるようになり、富士ゼロックスもファクシミリ「ゼロックス・テレコピアII」を発売。
  • 1973年代前半昭和48年頃

    自社開発「富士ゼロックス2200」

    富士ゼロックスが初めて自社開発した記念すべき商品「富士ゼロックス2200」を発売。独自の技術開発が実をむすび、当時の普通紙複写機としては、世界最小でした。
  • 1978年昭和53年頃

    省エネの先駆け
    「富士ゼロックス3500」

    富士ゼロックス初の本格的な高速・高画質・省スペース機「富士ゼロックス3500」を完全な独自設計で誕生させました。オフィスに手軽に導入できるよう毎分40枚を100V電源で実現し、省エネ設計の先駆けに。

ネットワークコンピューティング時代へ1980-2014

  • 1982年昭和57年

    ワークステーションという概念と技術を世界に

    「Alto WorkStation」の技術をベースに、「イーサネット」を介して高度な情報処理を可能にするワークステーション「富士ゼロックス8000INS」を発売。あらゆる機能をアイコンなどのGUI(Graphical User Interface)で表示し、マウスで指示するという革新性は世界を驚かせました。さらに「クライアント・サーバー」や「イーサネット」を世界に紹介し、後の“ドキュメントサービス”につながる事業を開始しました。
  • 1988年昭和63年

    ユビキタス・コンピューティングの提唱

    Xerox PARC(Xerox Palo Alto Research Center)のMark Weiserマーク ワイザーは、「身の回りのあらゆる物にコンピューターが組み込まれ、それらが協調して人々の活動を支援していく」という「ユビキタス・コンピューティング」を提唱。ユーザーがコンピューターやネットワークを意識することなく利用できる未来を予測し、以来、さまざまな商品やサービス開発に取り組んできました。現在もこの考えをベースに、富士ゼロックスはお客様の「知の創造」をサポートするさまざまなソリューションを提供しています。
  • 1989年平成元年

    デジタル複合機「Able3010」

    国内でワープロ専用機やビジネス向けパソコンの普及が進む中、富士ゼロックス初のデジタル複合機「Able3010」を発売。ファクスとコピーと1台2役になっても、利用者が操作に困らないように、オフィス機に初めてCRTディスプレイを導入。メッセージに従ってボタンを押すという、今では当たり前のUI導入し、複雑な操作も容易に使えるようにしました。
  • 1991年平成3年

    「The Document Company」宣言

    富士ゼロックスは、“ドキュメント”を単なる文書や書類ではなく、一人ひとりの知識やアイデアが生き生きと表現されたものであると定義。この人と人をつなぐ“ドキュメント”をサービスとして提供する企業となることを目指し、「The Document Company」を宣言しました。また、シンガポールにアジア太平洋地域を統括する富士ゼロックスアジアパシフィック株式会社を設立するなど、海外市場にも進出。
  • 1997年平成9年

    ネットワーク時代に向けた商品「Able3350」を投入

    1995年にWindows 95が発売されると、瞬く間にビジネスシーンでPCとインターネットが普及。それに呼応して富士ゼロックスは、1台4役をこなすネットワーク型の新「Ableシリーズ」を投入。翌年、表計算やワープロなどのアプリケーションの種類を超えて文書を一元管理できるソフトウェア「DocuWorks」をリリース。「メタペーパー」をコンセプトとしたこのソフトは紙の扱いやすさを電子の世界で再現しました。
  • 2000年頃平成12年頃

    オンデマンド印刷機で、小ロット短納期印刷が可能に

    1990年代半ばから急速にDTP(Desk Top Publishing:机上のPCで商用出版物の編集、組み版を行い出力すること)が普及し、制作工程が格段に容易に。「必要な枚数をもっと早く印刷したい」という市場のニーズに応え、オンデマンド印刷機が登場。富士ゼロックスも2000年に世界最高速のフルカラー電子印刷出版システム「Color Docu Tech 60」発売しました。
  • 2002年平成14年

    コンビニ店頭で、個人文書の取り出しが可能に

    富士ゼロックスは、業界で初めてコンビニの店頭に設置したデジタルフルカラー複合機からさまざまなコンテンツを取り出す「富士ゼロックス ネットプリント」のサービスを開始。一般家庭や急増するモバイル・ワーカーのプリントニーズに応えました。
  • 2005年平成17年

    クラウドコンピューティング時代へ

    富士ゼロックスは、複合機に本格的な外部システム連携機能を搭載した「Apeos Port C6550 I」を発売。インターネットや企業内のさまざまな情報システムとの連携でドキュメント処理のワークフローを構築し、業務効率を向上させる提案が可能になりました
  • 2007年平成19年

    お客様の経営課題解決に貢献するサービスを

    ドキュメント関連業務のアウトソーシングサービス「Fuji Xerox Global Services」を本格展開。これは、ビジネスのあらゆる場面で発生するドキュメントの作成・管理・活用や、業務プロセスを最適化し、お客様がコア業務へ集中できる環境をつくるサービス。メーカーからIT業界、大学、医療機関まで、業種や分野を問わず、さまざまなお客様にサービスを提供しています。
  • 2010年平成22年

    横浜みなとみらい21に富士ゼロックスR&Dスクエア誕生

    新研究・開発拠点「富士ゼロックスR&Dスクエア」では、次の時代に向けた「徹底した顧客視点での新しい顧客価値の創造」をコンセプトに、領域を超えた各部門間の連携強化。開発者が一堂に集まるフレキシビリティに富むワークスペースで、新たな価値が生み出されています。 また、この年に中小規模事業所や新興国市場での一層の量販を狙い、低価格、環境配慮型の小型プリンターの新シリーズを販売。新市場に本格参入しました。
  • 2011年平成23年

    さまざまなクラウドサービスをサービスイン

    パブリッククラウドを活用したビジネスコミュニケーション支援サービス「Sky Deskサービス」やドキュメント共有を支援するクラウドサービス「Working Folder」など、さまざまなクラウドサービスを提供。

さらなる未来の創造へ2014- 富士ゼロックスは、価値あるコミュニケーションの実現に向けた取り組みを進めています。

  • 2014年平成26年

    ゴールドおよびシルバートナーを開発、業界初の両色を提供できる新プロダクションプリンター「Color 1000i Press」に搭載

    独自に開発したゴールドおよびシルバートナーを搭載したプロダクションプリンター「Color 1000i Press」の販売を開始。これまで、メタリックカラーは、大型印刷機を使用した「オフセット印刷」でないと表現できず、手間やコストが多くかかるものでしたが、「Color 1000i Press」では、オンデマンドで実現し、デジタルプリンティングにさらなる表現力をもたらしました。
  • 2015年平成27年

    シンガポールに新たな研究拠点 「イノベーションオフィス」を設立

    研究開発体制を強化するため、シンガポールにアジア・パシフィック地域の研究拠点として「イノベーションオフィス」を新たに設立。「イノベーションオフィス」では、アジア・パシフィック地域のお客様やパートナー企業と連携しながら、お客様の事業課題解決につなげるための、価値検証活動を行っています。
  • 2016年平成28年

    Smart Work Gateway 始動

    一人ひとりが高いパフォーマンスを発揮できる多様な働き方を可能にするコンセプト「Smart Work Gate Way」始動。自社の複合機やサービスに加え、クラウドサービス先進企業 コンカー、Sansan、Boxと連携。また、新たに開発したCloud Service Hubを進化させ、仕事の生産性を高めるクラウド利用を推進する環境の提供を開始しました。
  • 2018年平成30年

    AI・IoT時代の価値提供戦略「Smart Work Innovation」を発表、企業の競争力強化を支援

    新たな価値提供戦略「Smart Work Innovation」提唱。独自のAI・IoT・IoH技術を活用したサービスを通じて、オフィスで行われている繰り返し作業を自動化し、一部の人に偏っていた専門性を共有できる仕組みを提供することで、より創造的な働き方への変革を促し、企業競争力の強化を実現します。