CAREER

人事・教育制度やワークライフバランスについてご紹介します。

HR DEVELOPMENT人材育成の取り組み

富士ゼロックスが求めるのは、変化に対応し、変革を起こすことのできる「自ら考え行動する」「成長と変化に挑む」人材です。そのために、従業員一人ひとりが自りつ(自立、自律)的に能力(コンピテンシー)を伸ばし、成長を実感できるキャリアを形成する能力を開発できるよう、さまざまな施策を行っています。

富士ゼロックスの教育体系

富士ゼロックスでは、職種別(技術系・SE/ITコンサル・事務系)、階層別(新卒・若手・リーダー層・マネジメント層)の教育を体系化し取り組んでいます。職種別教育では、実践的なカリキュラムによる業種業務別プロフェッショナル人材育成教育や、問題解決フレームワークの共通言語化により問題解決を実践する風土の醸成を目指しています。また、階層別教育では特にマネジャーに対する教育を強化し、部下育成と問題発見力強化を柱に据えたマネジメント教育を実施しています。更にお客様のグローバル化に対応できる人材の育成に向けて、海外業務研修やグローバル対応実践力の強化に取り組んでいます。

富士ゼロックスの
キャリア開発プロセス

社員や会社の持続的な成長に向け、「成長」と「変化」に挑む社員を積極的に育成していきます。そのためには、社員が多様な経験を積むことができる機会を創出していくことが大切であると考えています。
富士ゼロックスは、社員一人ひとりが主体的に次のキャリア目標を描き、上司とコミュニケーションしながらキャリア実現に向けて取り組むことを支援する「キャリア開発プロセス」を導入しています。

WORK LIFE BALANCEワーク・ライフ・
バランス

ワーク・ライフ・バランスへの取り組み

富士ゼロックスは、1988年度に展開した経営刷新運動「ニューワークウェイ」のもと、育児休職制度(1988年度)や家族介護休職制度(1990年度)など、仕事と家庭の両立を支援する就労環境づくりに早くから取り組んできました。 その結果、現在では制度を活用することによって仕事を継続することが当たり前という風土が定着しています。2017年度の富士ゼロックスの平均勤続年数は、男性21.3年、女性17年となっており、性別による勤続年数差は年々縮まっています。
さらに、ワーク・ライフ・バランスとは「仕事と家庭の両立支援」だけではなく、その本質は「従業員の士気向上や保有能力の最大発揮のための人材力強化を通じた組織全体の生産性改善」と「従業員一人ひとりの多様な価値観(ダイバーシティ)を支える、メリハリのある働き方の実現」に立脚した「働き方の変革」であると捉え、社員の意識改革を進めています。

  • 女性管理職比率

    7.8%(製造業平均3.0%)

  • 育児休職後復職率

    90%

  • ワーキングマザー比率

    37%

社外からの評価

富士ゼロックスは2015年度に「子育てサポート企業」の認定である「プラチナくるみん」を取得、2016年度に経済産業省から「ダイバーシティ企業100選」に選出されました。
更に2017年度には、女性活躍推進法に基づく認定「えるぼし」第二段階を取得し、社外からも高い評価を頂いています。これからも多様な個性を尊重し受け入れ生かす組織となり、多様性に富む発想や能力をお客様への価値提供につなげていきます。